| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界新記録のタイム

昨日は土曜日で、お好み焼き屋さんで
ビールを飲みながらお好み焼きと焼きそばを食べた。
食後1時間に5キロコースを走ってみたら
お腹の中でビールがたぷんたぷんと音を立てていた。
明らかにお腹が重い。
結果、5キロ30分48秒
30分超えどころではなくなった。

日曜は雨降り。無理しないよう3キロだけ走って
16分17秒。
最後は横腹が痛くなったけど、一応1キロ5分26秒の
ペースで走ったことになる。
このペースで5キロ走れれば28分超えも夢ではない。

ところで、YahooNewsをみていたらフルマラソンで
世界新記録が出たらしい。
2時間3分58秒。
5キロ14分41秒ということになる。

もう無茶苦茶である。
自分も実際に走ってみて分かる、世界新記録の偉大さ。

スポンサーサイト

ジョギングコースの設定には

忙しい中でジョギングコースを選ぶのには
何といってもGoogleEarthが役に立った。
ジョギングする距離の測定がとても簡単にできる。
無料版でも、バージョン4.3以降に搭載された
ストリートビューをチェックすれば、各地点の場所が
どのあたりなのかすぐに分かるので、キロごとの
ラップタイムも確認できる。

course.jpg

それでも、たとえば坂道については
だいたいの地形は分かるには分かるけれど
こればかりは走ってみないと分からない。
走る時間帯によって人通りや自動車の量も違う。

いつも同じ道ばかりではつまらないので
ジョギングコースのバリエーションを考えるのも楽しい。
走ってみると、意外なお店が意外な場所にあったり
きれいな景色が続く公園があったりと、これまでにない
発見を面白がっている。

5キロ30分の壁

トレーニング開始後1週間で
さっそくタイムが延びなくなった。

5キロ30分の壁が超えられない。

という以前に、大体いつも3キロあたりで
横腹が痛くなって歩いてしまう。
5キロ完全に走り切れたためしがない。
基本的に、まだ運動する身体になってないのだろう。

これまで走ってなかった奥さんがついに走る気になった。
とりあえず3キロだけだけど。
僕も彼女のペースに合わせてゆっくり伴走する。
これが意外によくて、スローペースの中でも
緩急の付け方のようなものが分かってきた。
調子にのってさらに5キロ走ってみたら
初めて最後まで走り切れた。

それでも、タイムは30分7秒。
おまけに僕のような素人中年ジョガーに8キロはきつくて
次の日は身体の節々が痛くてだるい。
30分を超えられるのはいつになることやら。

なぜ僕は走っているのか? 2

なんで僕が走ることになってしまったかというと
僕の奥さんから「一緒にロードレースに出ない?」と
誘われてしまったからだ。

奥さんは勤めている会社の付き合いで、以前より
市川リバーサイド健康マラソンに参加しているのだが
今年は他の人たちの都合がつかず
僕に白羽の矢が立ったわけだ。

走るのは悪くない。
しかしどうせ走るなら、奥さんのダンナさんとしては
ブザマな成果で終わることは断じて許さない。
吹けば飛ぶよな僕の自尊心が唐突に頭をもたげた。
大会1ヵ月前から身体づくりに一念発起した。

しかしながら、日ごろ走ることはおろか
歩ける距離でもタクシーを使うような軟弱者が
いきなり走りはじめたわけである。

5キロを「走る」なんてありえない。
初めて5キロを走った(というかほとんど歩いた)
率直な感想である。
考えてみればこんなに走った(というかほとんど歩いた)
のは中学生以来で、実に22年ぶりの快挙である。

なぜ僕は走っているのか? 1

夕方は大雨が降って今日は走れないかと思っていたけど
夜になると雨がやんだ。
体調はいつになくよかったので
今日こそは30分の壁を超せるんじゃないか。
でも結果は30分02秒だった。

・・・これは5キロランニングの話である。
びっくりでしょう。少なくとも僕はびっくりした。いろんな意味で。

まずびっくりしたのは、僕がランニングを始めたのは
10日前で、そのときのタイムは37分09秒。
ぜえぜえあえいで、何度も歩きながらだった。
そこから7分もタイムを短縮できたことに、純粋に感動した。

次にびっくりしたのは、インターネットで数あるロードレースの
記録をみてみると、5キロなら早い人なら15分台で
ゴールしていることだった。
いくつかのブログでは、25分前後では「調子が出なかった」
などと書いてある。

どういうことなんだ。

要するに
これまでの体力不足だった自分からの成長にびっくりし
しかし、それでも世間の一般常識からかけ離れた
微弱な自分の体力にびっくりした。

そういうことである。

しかし、僕はなぜ走っているのだろう。
なぜ走ることになってしまったのだろう。

探しものはこちらから

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。